キッチン山田

手作りの美味しさを召し上がれ

トップ > レッスン

レッスン

ケーキレッスンについて

キッチン山田のケーキレッスンは田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分、ブレーメンフラワーの趣味の講座としてひと月に6~8日ほど開かれます。

レッスンスタイルは フランス菓子とドイツ菓子を中心に卵・バター・小麦粉といった基本的な材料を使い、洋菓子作りの基礎を重視したものです。

毎回おひとりで1ホールを作っていただき、全てお持ち帰りいただきます。

各回定員2名の、ほぼ個人レッスンになりますので、初心者から本格的なお菓子作りを目指す方まで、レベルに合わせて丁寧にご指導させていただきます。

レッスンコースは「レギュラーコース」と「基礎プログラム」がございます。

「レギュラーコース」は、毎月その季節にあった2~3のお菓子を取り上げています。

より基礎から学びたい方のためには「基礎プログラム」もご用意しています。

レッスンコース

レギュラーコース

レギュラーコースでは、母の日、ハロウィン、クリスマスといったイベント向きのお菓子や焼き菓子、フランス、ドイツの郷土菓子などをバランスよく取り入れて課題にしています。
複雑な工程のお菓子でも、その方のレベルに合わせて指導いたしますので心配はいりません。
リクエストにお応えしてバースデーケーキ用の仕上げにすることもできます。
召し上がるご家族から歓声があがる、そんなケーキを皆さんと楽しく作っています。

費用

レッスン料:¥2,600/回 材料費:¥1,600~2,000円

取り上げるお菓子

毎月変わります。
今後の予定につきましてはこのページ内の「スケジュール」欄をご参照ください。
レッスン関連情報Blog「ブレーメンスイーツ」にも関連情報が掲載されております。

基礎プログラム

基礎コースとして小麦粉、砂糖、バターといったお菓子作りの材料の知識を学び 泡立て器やゴムベラ等の基本的な道具に慣れるためのプログラムを8回分組んでみました。

ケーキ作りが初めての方や、もういちどしっかり基礎から学びたいという方におすすめです。

費用

各回ともレッスン料:¥2,600/材料費:¥1,600

取り上げるお菓子
  • パン・デ・アナナ(1回目)

    1回目のパン・デ・アナナはベルギーのオーブンフィニッシュ(焼きっぱなしのお菓子)です。 上にフルーツ(通常はパイナップル)をのせて焼き上げるため、フルーツが沈まないよう、泡だて器は使わず木べらで生地を混ぜ合わせていきます。まずはバターの扱い方に慣れていきましょう。

  • リンツァートルテ(2回目)

    2回目にして、ドイツの銘菓の登場です。レッスン用に作りやすくしたレシピですが出来上がりは大満足のお菓子です。いろいろなスパイスを使いますので、スパイスの香りも楽しめます。

  • ハニージンジャーケーキ(3回目)

    3回目は生の生姜をすりおろして作るジンジャーケーキです。1、2回目を踏まえ、バターの扱い方、ゴムヘラの使い方を復習してください。今回から卵白の泡立てを通して、泡立て器の使い方を学びます。ケーキ自体はハチミツと生姜という個性的な素材を使った日持ちのする伝統的なティータイムのケーキです。

  • カナヘ・クレメ・トルテ(4回目)

    4回目で初めてスポンジケーキに挑戦です。まずは卵白をしっかり泡立ててから卵黄を加える作り方(別立て)で、小さなチョコレートケーキを作ります。チョコレートガナッシュの作り方も学べます。

  • レモンクリームのロールケーキ(5回目)

    5回目は全卵を合わせて泡立てる共立て方式のスポンジケーキに挑戦です。別立てに比べてキメの細かいやわらかいスポンジはロールケーキにぴったりです。レモンたっぷりのクリームと生クリームのWクリームが美味しいツイートローネン・ルラーデです。

  • オーブストヴァインクレームトルテ(6回目)

    6回目は板ゼラチンの扱い方、ムースを作る時の温度、手際などポイントを押さえてのレッスンです。スポンジ生地のおさらいも兼ねて、土台から作っていただきます。その季節に合わせたフルーツを使って作るドイツのお菓子です。彩りよく作ってみましょう。

  • シュークリーム&サブレ・オ・ポッシュ(7回目)

    7回目で基本のシュークリームを作ります。ここで学ぶシュー生地は失敗しにくい配合です。手際とコツを覚えて、基礎コース後の応用編に備えてください。シュー生地が冷めるまでの間を利用して絞り出しのサブレも学びます。

  • 洋梨のタルト(8回目)

    基礎プログラムの最終回で生地をのす、という作業を学びます。麺棒の使い方、上掛け用のアプリコティもしっかりポイントを押さえてください。 洋梨は缶詰を使用します。

レッスンスケジュール

レギュラーコースのスケジュール

2017年07月

07月前半は梅雨の蒸し暑さを吹き飛ばしてくれるさわやかなムースを、後半には気温の高さを味方にした発酵菓子に取り組みます。

2017年07月 10:30~ 14:00~ 16:00~
07月03日(月)
モゼラーヴァインクレームトルテ
07月08日(土)
モゼラーヴァインクレームトルテ
07月11日(火)
クレープ&キャビネットプディング
07月21日(金)
クレープ&キャビネットプディング
07月22日(土)
アプフェル・シュトロイゼルクーヘン
07月25日(火)
アプフェル・シュトロイゼルクーヘン
06月31日(月)
アプフェル・シュトロイゼルクーヘン

○…比較的余裕があります。
△…残席わずかです。
×…締め切りました。
設定なし…レッスンの設定がありません。

  • モゼラーヴァインクレームトルテ
    モゼラーヴァインクレームトルテ

    涼しげな緑の葡萄と白ワインのムースを組み合わせた贅沢なケーキです。本来はモーゼルワインを使うところ、レッスンですので普通の白ワインで、葡萄もオーストラリア産の皮ごと食べられる品種を使って作ります。目にも口にも涼しい、この時期に嬉しいデザートになります。
    材料費:\1,800

  • クレープ&キャビネットプディング
    クレープ&キャビネットプディング

    どちらも家庭にある卵、ミルク、砂糖、粉という基本的な材料で作れるお菓子ですが、少し工夫することでワンランク上のおもてなしにもむくデザートになります。パンプディングにはフルーツを加えて、フルーツソースで仕上げます。何のフルーツになるかは当日のお楽しみ。
    材料費:\1,800

  • アプフェル・シュトロイゼルクーヘン
    アプフェル・シュトロイゼルクーヘン

    発酵生地の上にリンゴをたっぷりのせて、その上にシュトロイゼル(そぼろ)をのせて焼き上げる素朴なドイツ菓子です。日本のリンゴが品薄になるこの時期に出回るニュージーランドの硬くて酸っぱいりんごJAZZを使ってのレッスンです。ここで練習して10月にはご自宅で美味しい紅玉りんごのシュトロイゼルクーヘンを作ってください。
    材料費:\1,800

2017年06月

05月に引き続き06月も小さいお菓子を取り上げています。前半は製菓用の抹茶を使ったフランスのドライケーキ「ラング・ドゥ・シャ」とドイツのゲベック(クッキー)の2種のレッスン。またスペインのポルボローネも取り上げてみました。後半は季節のフルーツを使ったタルトのうち、どちらかをお選びください。

2017年06月 10:30~ 14:00~ 16:00~
06月05日(月)
抹茶のラング・ドゥ・シャとクッキー
06月10日(土)
抹茶のラング・ドゥ・シャとクッキー
×
06月14日(水)
スフレチーズケーキとポルボローネ
× 設定なし
06月23日(金)
スフレチーズケーキとポルボローネ
06月24日(土)
ブルーベリーのタルトorクラフティ
06月27日(火)
ブルーベリーのタルトorクラフティス
×

○…比較的余裕があります。
△…残席わずかです。
×…締め切りました。
設定なし…レッスンの設定がありません。

  • 抹茶のラング・ドゥ・シャとクッキー
    抹茶のラング・ドゥ・シャとクッキー

    「猫の舌」というネーミングのフランスのドライケーキ「ラング・ドゥ・シャ」を今回は抹茶を加えて作り、間に抹茶のバタークリームをサンドした小型菓子として仕上げます。オマケとして抹茶生地とバニラ生地を渦巻状にしたドイツのゲベックもレッスンします。
    材料費:\1,800

  • スフレチーズケーキとポルボローネ
    スフレチーズケーキとポルボローネ

    ふんわりと軽い食感に仕上げるスフレタイプのチーズケーキです。湯煎にして低温でじっくり焼き上げる間にスペインのクッキー、ポルボローネも作ってみましょう。どちらもシンプルなお菓子ですが、ご家庭のお菓子として習得しておいて損はない!
    材料費:\1,800

  • ブルーベリーのタルトorクラフティ
    ブルーベリーのタルトorクラフティ

    06月から07月にかけて出回る国産のブルーベリーとチーズのクリームを組み合わせた瑞々しいタルトです。サクランボのクラフティを履修し終えた方にお勧めです。まだクラフティを履修していない方はサクランボのクラフティのレッスンからどうぞ。
    材料費:\1,800

基礎プログラムのスケジュール

いつからでも始められます。
お申し込み時にご相談ください。
生徒さんの都合に合わせて柔軟に対応いたします。


費用のご案内

費用

【入会金】6,480円(初回のみ)
【レッスンチケット】2,600円/回
【材料費】1,600円~2,000円/回

レッスンチケットについて

受講料はレッスンチケット方式(前払い制)となります。
※レッスンチケットは3ヶ月間有効です。
※レッスン日に次回分のレッスンチケットを現金でご購入ください。
※しばらく間が空いた方、不定期で受講の方は受講前の銀行振込も可能です。
※体験レッスンの場合は事前にチケット代をお振込みください。

過去の作品

2017年に取り上げた作品

  • コンヴェルサシオン(05月)
  • ホーニッヒクーヘン(05月)
  • レモンとクリームチーズのクッキー(05月)
  • プティ・シュイス(05月)
  • ヴァイナー・プンシュトルテ(04月)
  • ツィトローネンローレン(04月)
  • タルトレット・プロヴァンス(04月)
  • タルトレット・オー・ダブリコット(04月)
  • 苺のシューロール(03月)
  • ポン・ヌフ(03月)
  • ムース・オー・シトロン(03月)
  • モスリーヌ(03月)
  • ルム・クロッカントルテ(02月)
  • ミルリトン・ド・ニース(02月)
  • ヨーグルトとチーズのフラン(02月)
  • 雪玉(01月)
  • アーモンドジンジャブレッド(01月)
  • ガトー・オ・カシス(01月)

2016年に取り上げた作品

  • ガトー・オ・フロマージュ(12月)
  • フランクフルター・クランツ(12月)
  • ガトー・オ・ショコラ(12月)
  • ヴァニラキプフェルン(11月)
  • バナナとルバーブのタルト(11月)
  • ルバーブのタルトレット(11月)
  • プディングショコラ(11月)
  • ガトー・フロマージュウ・ア・ラ・マルキーズ(10月)
  • タルト・タタン(10月)
  • タルト・オ・ポム(10月)
  • かぼちゃのタルトレット(10月)
  • 無花果とチョコレートのタルトレット(09月)
  • ガトー・ノア・ド・グルノーブル(09月)
  • ヴィナーバルヌス トルテ(09月)
  • ツィトローネン(08月)
  • マスカットとグリュイエールチーズのタルト(08月)
  • フロマージュ・ブラン(07月)
  • ブッタークーヘン(07月)
  • ブルーベリーのタルト(06月)
  • ザクセン・ケーゼトルテ(06月)
  • フラン・アンダルース(05月)
  • ヘーゼルヌッス・トルテ(05月)
  • ポワソンダブリル(04月)
  • ラズベリー風味の苺のショートケーキ(04月)
  • ムース・オ・シトロン(03月)
  • シェリー(03月)
  • スフレショコラ(02月)
  • パニッツァ(02月)
  • フレジェ(01月)
  • コーヒーロール&クッキー(01月)

2015年に取り上げた作品

  • パルフェ・ショコラ・オ・レーヴ(12月)
  • ブッシュ・ド・ノエル(12月)
  • ベオグラーダマンデルトルテ(11月)
  • ヌガートクレームトルテヒエン(11月)
  • ガトー・バスク(10月)
  • りんごのお菓子(10月)
  • エヴァンタイユ(09月)
  • ファンショネット(09月)
  • メロンのショートケーキ(08月)
  • 白桃のタルトレット(08月)
  • フルフトケーゼトルテ(07月)
  • 白ワインのフラン(07月)
  • サクランボのクラフティ(06月)
  • タルトレット・リュス(06月)
  • ヒムベーレ(05月)
  • フラン・オ・リィー(05月)
  • コンヴェルサシオン(04月)
  • レモンクリームエクレア(04月)
  • エルトベア・ザーネトルテ(03月)
  • ポワソン・ダブリル(03月)
  • ガトー・ノワール(02月)
  • シューロール(02月)
  • ツィトローネン(01月)
  • ケーニヒスクーヘン(01月)

このページの目次

ページのトップへ戻る